ねこちゃんによくある病気

ねこちゃんの体の変化は気づきにくい?

ねこちゃんの体の変化は気づきにくい?

ねこちゃんは、わんちゃんと比べて体調不良がわかりづらいことがあります。
こちらでは、ねこちゃんによくある病気をご紹介します。

「もしかすると?」と思う症状がありましたら、早めに受診されてみてください。

ねこちゃんによくある病気

慢性腎臓病

慢性腎臓病

ねこちゃんの代表的な病気といえば慢性腎臓病です。
腎臓が何かしらの障害を受け、腎機能が低下してしまう病気です。
高齢のねこちゃんによく見られる病気ですが、年齢に関わらず発症するリスクはあります。
慢性腎臓病の、初期は症状が出にくいため定期的に健康診断を受けることで早期発見をすることができます。
主な症状は、多飲多尿・食欲がなくなる・元気がなくなる・体重が減る・嘔吐などが挙げられます。

膀胱炎

雄猫によく見られ、膀胱で炎症が起こった状態をいいます。
若い猫では特発性膀胱炎という病気が多く、主な原因はストレスだといわれています。
主な症状は、頻尿・血尿・トイレ以外でも排尿・何度もトイレに行くがおしっこが出ないなどがあげられます。
ねこちゃんにストレスを与えないために、トイレは使いやすく常に清潔に保つ、お水をたくさん摂取させることが大切です。

尿石症

尿に含まれている様々な成分が結晶化し、尿の通り道(尿路)に結石ができる病気です。
膀胱に結石ができているときは、膀胱結石と呼ばれています。
尿石症の原因は、水分を十分に取れていない・遺伝・細菌が尿路へ侵入するなどがあります。
主な症状は、頻尿・血尿・発熱・食欲がないなどがあげられます。
おしっこが出ない状態が続くと命に関わりますので、すぐに病院を受診しましょう。

歯肉炎・歯周病

ねこちゃんも人と同じように歯の病気にかかります。
歯垢や歯石の中の細菌が原因で発症する歯肉炎や歯周病は、ねこちゃんの場合ウイルス感染と免疫力の低下が原因になることもあります。
お口の中の免疫バランスが悪くなっていたり、歯磨きの習慣がなかったりすると発症する可能性が高くなります。
主な症状は、歯茎の腫れ・出血・口臭・よだれなどがあげられます。
さらに、痛みが原因でご飯が食べづらく食欲がなくなることもあるので注意が必要です。

乳腺腫瘍

乳腺にできる腫瘍のことで、避妊手術を受けていない雌猫によく見られる病気です。
わんちゃんに比べると発症するリスクは低いとされていますが、ねこちゃんの乳腺腫瘍の多くは悪性なので注意が必要です。
1~2ヶ月発見が遅れるだけでも手遅れになることがあります。
スキンシップをしていて少しでもしこりのような違和感が合った場合は、すぐに動物病院を受診しましょう。
乳腺腫瘍は、若いうちに避妊手術を受けることで発症のリスクを大幅に下げることができるといわれています。

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの分泌が増加することで発症する病気です。
中高齢のねこちゃんによく見られ、甲状腺の過形成や甲状腺腫瘍などが原因で起こります。
主な症状は、よく食べるけれど体重が減る・多飲多尿・行動が活発になる・落ち着きがなくなる・攻撃的になるなどがあげられます。
甲状腺機能亢進症は、血液検査をしないと見つけられない場合もあるので、定期的な健康診断を受けることが最も重要です。

小さな異変でもご相談ください

小さな異変でもご相談ください

ねこちゃんは人のように喋ることができず、病気であっても隠すのが上手です。
「頻繁に隠れることが増えたなぁ」「異常に鳴くなぁ」と異変を感じたら、まずはご相談ください。

top
0832568700 WEB予約 診療時間 LINE

WEB予約

診療案内

勤務表

LINE