デンタルケア

わんちゃんやねこちゃんのお口のケア

わんちゃんやねこちゃんのお口のケア

わんちゃんやねこちゃんがしっかりご飯を食べるためには、お口の健康がとても重要です。
実は、お口のケアを怠ってしまうと、わんちゃんやねこちゃんも人と同じように口腔トラブルに見舞われてしまうのです。

歯磨きについて

皆様は、ご自宅のわんちゃんやねこちゃんに歯磨きをしてあげていますか?

実は、わんちゃん・ねこちゃんは人と同じように歯垢や歯石が溜まります。
そしてお口の中の汚れは、やがて歯周病を引き起こしてしまいます。
現在、3歳以上のわんちゃん・ねこちゃんの8割が歯周病にかかっているとも言われています。

このような症状はでていませんか?

  • お口が臭う
  • お口を痛そうに気にしている
  • ご飯を食べにくそうに噛んでいる
  • くしゃみや鼻水が頻繁に出る
  • 頬や歯茎が腫れている
  • よだれが多く出ている

上記のような症状に気づいた時は、お早めにたくら動物病院にご相談ください。

歯周病がペットに及ぼす悪影響とは?

歯周病がペットに及ぼす悪影響とは?

わんちゃん・ねこちゃんの歯周病は、人と同じようにお口の中でいろいろなトラブルが起こります。
さらに進行すると、お口の中以外にも大きな影響が出てしまう可能性があります。

歯茎の腫れ・出血

歯周病になると歯茎が赤く腫れ、出血することがあります。
唾液や鼻水に血が混じることもあるので、日頃からしっかりと観察してあげましょう。

歯がグラグラする

歯周病になると歯を支えている歯茎が弱ってしまうため、歯がグラグラしてきます。
床に歯が落ちているのを発見して、はじめてお口の異変に気づく方も少なくありません。

心臓や肝臓などに悪影響が出る

歯周病を治療せずに放置してしまうと、お口の中の細菌が全身に行き渡る可能性があります。
心臓・肺・肝臓などの健康にも影響を与えるため、注意が必要です。

ペットのお口ケアのポイント

専用の歯ブラシを準備する

わんちゃん・ねこちゃん専用の歯ブラシを準備してあげましょう。
人間が使う歯ブラシでは磨きにくく、ペットが嫌がってしまう可能性があります。
どうしても歯ブラシを嫌がってしまう子には、歯磨きシートからスタートしましょう。

ペットがリラックスしている時に行う

歯磨きは、わんちゃん・ねこちゃんがリラックスしている時に行うようにしましょう。
無理に歯磨きをしようとすると、激しく抵抗し歯ブラシを見ただけで逃げ出してしまう子もいます。

歯磨きは一日一回が理想

わんちゃん・ねこちゃんの歯垢は二日、三日ほどで歯石になってしまいます。
人と比べるといかに早く歯石になってしまうのかがわかります。
そのため、わんちゃん・ねこちゃんの歯磨きは一日一回行うのが理想です。

愛するペットも定期的なお口のチェックを

愛するペットも定期的なお口のチェックを

愛するペットを歯周病から守るには、定期的なお口のチェックを受けることが大切です。
歯周病はきちんとケアすることで予防ができます。
長く健康に過ごしてもらうため、お口のケアはかかせないものです。
歯のケアでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

top
0832568700 WEB予約 診療時間 LINE

WEB予約

診療案内

勤務表

LINE