腫瘍

腫瘍に関する治療

腫瘍に関する治療

腫瘍に関する治療は、久世獣医師が中心となって診療を行います。
腫瘍というと、人であれば「がん」「ポリープ」など、少し怖い病気を連想する方も多いのではないでしょうか。

実はそういった病気は、人だけが発症するものではありません。
わんちゃんやねこちゃんも、同様に腫瘍ができてしまうことがあるのです。

腫瘍とは?

腫瘍は、簡単に言うと「体の中のできもの」のことです。
何らかの原因で細胞に異常が発生して増殖を起こしたもので、良性腫瘍と悪性腫瘍に分けることができます。
この悪性腫瘍が一般的に「がん」と呼ばれているものです。

主な症状は、しこりが出る・血尿・便の色が異常・体重減少・貧血などがあります。

わんちゃん・ねこちゃんによくある悪性腫瘍(がん)

わんちゃんのがん
  • リンパ腫
  • 乳腺腫瘍(乳がん)
  • 血管肉腫
  • 肥満細胞腫
  • 皮膚腫瘍

など

ねこちゃんのがん
  • 皮膚腫瘍
  • 乳腺腫瘍(乳がん)
  • 扁平上皮癌
  • 肥満細胞腫
  • 肺がん・肺腫瘍

など

腫瘍性疾患診察の流れ

STEP01

問診

腫瘍に関するお悩みは、
飼い主様がご自身で気づかれるパターンも多くあります。
問診では、いつ頃異変に気づいたか、大きさや色に変化が見られるか、わんちゃんやねこちゃんの様子は変わりないかなど、わかる範囲で情報をいただけたらと思います。

写真や動画などをお持ちの場合、診断の助けになることがあります。

検査

STEP02

検査

まずは血液検査や患部のレントゲン検査、エコー検査などを行っていきます。
その後、細胞を採取する検査を行い、より詳細な情報を集めていきます。
高度な検査を行う必要がある場合は、専門病院と医療連携を通じて、CT検査、MRI検査も行います。

STEP03

診断

当院でも、一部の腫瘍に関しては診断を行うことが可能です。
当院だけでの判断が難しい場合や、より詳しい検査を行っていく必要のあるケースに関しては、専門の病理診断医に依頼をします。
そうして得た情報を基に、治療方針を考えていきましょう。

治療

STEP04

治療

腫瘍(がん)の治療には、外科手術・放射線療法・抗がん剤治療などがあります。
詳しい治療の内容は腫瘍の種類ごとに異なりますので、気になることがあればご相談ください。

top
0832568700 WEB予約 診療時間 LINE

WEB予約

診療案内

勤務表

LINE